ターゲットとマーケティング

SEO 対策を行う際に、ウェブサイトの構造や、内容コンテンツに対して、対策を行うことを「内部対策」などと呼んでいるそうです。

これは、検索エンジンの「クローラー」と呼ばれる情報収集プログラムが、皆さんのウェブサイト情報や 、Web コンテンツを読み取りする際に、正しく情報が読み取れるような構造音声のウェブサイトに制作するような対策のことを言うようです。

また、このクローラーだけではなく、実際に、サイト上を訪れるユーザーたちに向けても、利便性の高いサイト構築を行うことが、何よりも重要であるようです。

実際に、クローラーによって検索エンジンの評価を得て、検索結果が上位表示されたからといっても、サイト上にアクセスしてくるユーザーたちに対して、興味を抱かせるようなWebコンテンツでなければ、実際には、ユーザーたちはサイト内でアクションを起こしてくれることはないでしょう。

ですから、Webサイトの構造や内容を構築する際に 、「SEO」 を、「ユーザー」それぞれへの対策が練られることが重要です。マーケットを調査する事で、ユーザーの人物像や行動パターンを追いながら、ターゲットを絞り込みましょう。

SEOを理解してターゲットをツカミトレ!Traht Eeri のTOPへ戻る