構造化マークアップの隆盛

2019年に入り、構造化マークアップはますま力を付けているように思います。この施策が効果的なのは、クローラーの理解を助けるからです。また検索結果に表示される要素も最適化してくれるからです。実は構造化マップは商用サイトだけでなく、ブログにも施すことが出来ます。興味のある人はワードプレスのプラグインで実装してみて下さい。構造化マップとは異なり、旧来のSEOでも重視されたHタグはどうでしょうか。確かにグーグルの声明にはHタグに関する記述があり、重要だと思われるテキストを強調するよう推奨しています。これはコンテンツの階層構造とも関係するからで、Hタグの順序で構造が判断できるようにすれば、立派なSEOになります。しかしHタグには注意したいこともあります。つまり避けなければならない使い方があるのです。それは、構造に関係のないテキストにタグをつけること、を使うべきところでHを使ってしまうこと、タグのサイズ変更が適当であること、見出しの長さが異常であること、書式にHタグを使ってしまうこと、等々です。この話に関係するのは、キーワードを入れ過ぎた例です。つまりキーワードを入れ過ぎて長くなり、結局グーグルに無視されてしまう例です。見出しの長さは単にこの意味だけでなく、ユーザーが理解し辛いという欠点もあります。ですから敢えてキーワードを入れないという選択肢もあるはずです。さて、AMPについてはここでお話ししておくべきでしょう。グーグルは否定しているのですが、私はSEOに関係していると考えます。その理由は後述しますが、先ずは事実を知って下さい。AMPを実装すればページ速度が速くなるという事実です。