SEOとキーワードの検索ボリューム

検索ボリュームを調査したいと思ったら、グーグルへの広告出稿を検討すると良いようです。検索ボリュームのキーワード候補リストが出たら、多い順にソートをします。検索ボリュームの多いキーワードは、需要の高いキーワードなので、優先的に対策キーワードとして検討できます。ただし、同一ニーズでも異なるキーワードで検索されることも多いので、検索ボリュームが大きいからといって、そのまま対策キーワードに選ぶわけにはいきません。キーワードを網羅的に抽出したら、キーワードをニーズごとに分類する作業をします。この作業をグルーピングと呼ぶます。ニーズによるキーワードのグルーピングです。検索ボリュームを計算してSEO対策キーワードを決めていきましょう。